会社概要

代表者ご挨拶

当社は地方中心部物件を専門とする
不動産および財務アドバイザリー会社です。

Larimer Estate株式会社は、不動産金融の知識を活かして、広島を中心とする地方都市に貢献していきたいと考えております。私自身は東京出身で大半の時間を東京でのビジネスに費やしてきました。20代および30代前半までは東京での最先端のビジネスに魅力を感じ、日々過ごしておりましたが、その後、30代半ばから海外不動産ビジネスに関わることになり、初めて、観光ではなくビジネスという観点で海外の方々と接する機会を持ちました。その中で気付かされたのは、多くの海外企業が日本及び日本企業に敬意・尊敬の気持ちを抱いており、日本に強い関心を持っているということでした。それとともに日本人の優秀さ・勤勉さ・謙虚さといった点もビジネスを通じてリアルに実感しました。

それまでの私は、日本は人口が減少していき、経済は右肩下がりなので、これからは海外ビジネスの時代だという、いわゆる普通の考えを持っておりました。然しながら、初めて客観的に日本を見ることにより、本来はもっとポテンシャルのある国なのではないのかと考えを改めるようになりました。

その中でも日本の地方都市は文化・伝統に溢れる魅力的な地域だと考えております。とりわけ広島は中国地方の代表都市であるとともに、瀬戸内海と中国山地に囲まれており自然が豊かで、観光資源も多く、食も豊かであり、スポーツなどのエンターテイメントも盛んな地域です。東京はグローバルシティで大変魅力的な街ですが、広島のようにビジネスの最前線からは一歩下がるものの、自然が豊かで環境が良く、コンパクトに必要な物が揃い、生活も都心のように慌ただしくない地域ではワークライフバランスの良い生活ができると考えております。

実際アメリカではサンフランシスコやロサンゼルスといったグローバルシティではなく、内陸部のワークライフバランスの良い都市がミレニアル世代を中心に大変な人気を呼んでおります。彼らはオンラインでビジネスが出来てしまうので、住む場所としては、生活環境が良く、豊かな暮らしができる地域に住みたいというモチベーションが高いと聞きます。そして、その感度の高い若者達を求めて企業が後追いで参入してくるという流れにあります。私は、広島もこれらの街と同じようにワークライフバランスの良い都市として、今後もっと極光が浴びても良いのではないかと考えています。

他方で、広島を始めとする地方都市は、まだまだ街の新陳代謝が必要な面があると思います。今後、広島は再開発ラッシュですが、残していくもの・新しく生み出していくものの変革期にあると思います。これらが魅力的に融合した場合、より魅力的な街になると確信しております。但し、魅力的な街を創出していくには、広島だけではなく、東京や海外の企業および投資家による視点も必要になってきます。これらのプレーヤーは単純にこの街は自然が豊かで住みやすいので魅力的ですというだけでは資金を投じてくれません。魅力的であれば、人が集まり、人が集まれば店舗や施設、ひいては企業の売上が上がり、結果として、不動産の賃料や価値も上がっていく。そこまで繋がらないと資金を投じてはくれません。

私はこれらの企業や投資家に向けて、広島の魅力を発信していくとともに、これらの企業が広島を始めとする地方都市に資金を向けるきっかけを作りたいと考えております。今後は、今まで東京で培ってきた経験・知識を活かして広島を始めとする地方都市にポジティブな貢献ができれば幸いと思っております。

代表取締役社長

鈴木 伸彦

会社概要

社名 Larimer Estate株式会社(ラリマーエステート)
代表者 鈴木 伸彦
設立 令和元年9月2日
事業内容 不動産および財務アドバイザリー事業 不動産コンサルティング事業 不動産売買仲介事業 ITシステムの販売及びコンサルティング事業
本店所在地 〒730-0022 広島市中区銀山町3−1 ひろしまハイビル21 16階
東京オフィス 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階
メール info@larimer-estate.co.jp
登録免許 宅地建物取引業 広島県知事 (1) 第10937号

代表者経歴

1980年
生まれ
東京都江東区出身
2003年 明治大学政治経済学部卒業 大学在学中の2001年に不動産鑑定士二次試験に合格
2004年 三菱UFJ信託銀行(入行時:UFJ信託銀行)に入行。 同行では、東京第三営業部、大阪不動産部に在籍し、証券代行の法人営業および不動産仲介業務を担当。
2006年 谷澤総合鑑定所に入社。 業務開発部に在籍し、J-REIT・不動産ファンドが保有する証券化不動産の鑑定評価および一部上場企業の保有不動産評価などを中心に担当。
2008年 森ビルに入社。事業開発部、財務企画部、海外事業部に在籍。 事業開発部では、森ヒルズリートに関する企画及び売買実行、J-REITに関する市場調査などを担当。 財務企画部では、財務企画業務を始めとして、コーポレートファイナンス、公募社債発行などを担当。 海外事業部では、ASEAN諸国を中心とする不動産市場の調査および不動産開発に関する検討業務に従事。
2019年 Larimer Estate株式会社を設立